<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Power Spot ?? の巻


パワースポットなるものが流行っております。
その定義は全く分かりませんが、「不思議な力が宿る場所」といったところでしょうか?
書店でもパワースポットコーナーなんかが出来ており、そのうちスポット巡りをしてみようかと考えたり。

パワースポット認定はされていないでしょうが、個人的に最も不思議な力を感じる場所が、
遠野"早池峰神社"です。
行けば遠野の全てに触れられるような、そんな不思議な気分にさせられます。

最近の遠野詣ででは、朝来て1回、夕方帰りに1回と、まるで某家電量販店の来店ポイントを
貯めるかのように訪れております。
きっと、当神社に対して前世でなにか借りでもあるのでしょう(笑。


10月には、当神社への道すがら、ブログを始めるきっかけとなった出逢いを果たしております。
これもきっと、当神社のおかげ?
早池峰のお嬢様が、「そろそろブログを始めなさい」と導いてくれた??
・・・そんなデジタルな神様イヤですね(笑。






d0187283_2335462.jpg


 昨年の訪問時。写真は我が家の神様。
 そういえば今年は神様を遠野へ連れて行ってないな~。


d0187283_2336195.jpg


 門上に咲く。



d0187283_23361054.jpg


 夕方、境内では枯葉を集めて燃やしておりました。
 煙る黒門。



d0187283_2336188.jpg


 片隅にも、こんなステキな被写体。



d0187283_23365078.jpg


d0187283_23365820.jpg


 神々しい光。
 が、神様は降りてきませんでした。 (そりゃそうだ)
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-30 23:40

盛岡をぶらぶら の巻


 昨晩、盛岡をぶらぶらした時の写真をUPしようと思っておりましたが、
 突然、夕食後に激しい腹痛にみまわれ。
 元来お腹は強くない私ですが、昨晩は未曾有の痛さ。
 こ、これはまさかノロウィルス?食中毒?腸炎?
 いずれにしろ、病院に行きたい・・・しかし、便器からお尻が離れない(離れられない)・・・
 結局、2時間程上から下からの攻撃にさらされ、やっと落ち着いたのが午前0時を回った頃。
 原因は不明ですが、治まって一安心。
 本当に、死ぬかと思った寒い夜でした。
 皆さん、お腹は大切にしましょう♪(お前が言うな)

 
 ということで(?)、生死の境目をくぐりぬけ、無事UPされた盛岡の旅編です。
 中身はありませんが・・・(笑。




d0187283_22201597.jpg


 盛岡市内を東奔西走。
 ちょっとした目的地がありましたが辿り着けず(笑、彷徨い着いた先は、盛岡八幡宮でした。

d0187283_22203820.jpg
d0187283_22205250.jpg


 この日は七五三。 



d0187283_2221349.jpg


 露店の治安を守るのは、ご存知、アンパンお化け。
 背中で正義を語っております。勇気の鈴リンリン。




d0187283_2222272.jpg


 盛岡はショウウィンドウが多く、夜にぶらぶらするのが楽しい街です。 


d0187283_2222123.jpg
d0187283_22222642.jpg

 
 レコードショップのウィンドウ。
 
 そういえば、The Beatlesの楽曲がiTunesにて配信開始となりましたね。
 洋楽だけはCDを買わないと気が済まない私も、The Beatlesについては
 ダウンロードしようかと検討中・・・。


d0187283_22265629.jpg


 暗がりにぽつんと、灯をともす店が好きな私。
 入る勇気はありませんが・・・。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-29 22:54

親バカは治らない の巻


親バカ、という言葉がありますが、
我が家にも「親バカ」なる生き物が2匹生息しております。

この生き物が、精巧なボケを生み出すレンズを手にした場合、
当然ながら被写体は決まってくるわけでして・・・。

しかし、マニュアルレンズで人物を捉えるというのは、とても難しいですね。
絵心のある人であれば、ピンボケ写真でも味のある画になったりするのでしょうが・・・。





d0187283_1853928.jpg


 先日の遠野詣でいただいたリンゴを頬張る。リンゴLOVE


d0187283_18544698.jpg


 どや顔。



d0187283_18573728.jpg


 我が子と同じ、若い芽を、遠野で見つけました。


d0187283_1859204.jpg


 大きく育てよぉぉ~  なんてCM、昔あったような、なかったような。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-27 19:03

遠野詣with のくとん 「ふれあい編」

遠野郷の朝。
高清水から下界へ降り立ったのは、午前9時。
いつもであれば、ココから遠野遺産巡りや名所巡りを始めるところですが、
今回は完全ノープランでブラブラしてみることに。
(高清水で教えていただいた落合での白鳥撮りにもたいそう惹かれましたが・・・)





d0187283_2145455.jpg


 太郎淵の河童さんも、今年最後の紅葉を愛でる、愛でる。





d0187283_21465134.jpg


 琴畑へ向かう途中、道フェチの私をひどく誘う光景が。
 落ち葉で埋もれた道と、鳥居。
 果たして、この道を登らずに去ることが出来る者などいるであろうか・・・(いると思います)。



d0187283_21471017.jpg


 登った先には、湧き出る水と祠。
 遠野遺産的な看板は特になかったと思いますが、ここもやはり謂れがあるのでしょうか???



 同じく琴畑への道すがら。
 軒下に大根を干すステキな民家を発見。たまらず私は撮影交渉に突撃。
 これまたステキな"翁"が対応してくれました。
 以下そのときの会話。

 「毎年こうして大根を干しているんですか?(秋田言葉で)」
 「そうだね~(遠野言葉で)」
 「立派な大根ですね~~(秋田言葉で)」
 「こんなんじゃなくて、遠野遺産とか撮ればいいんでないの?(遠野言葉で)」
 「いやいやいや、なにを言いますか。これこそ遠野遺産ではないですか(秋田言葉で)」
 「わっはっはっは(全国共通)」

 オレのことも撮っていいぜ!と渋く決めておられましたが、時間の都合上
 ご遠慮させていただきました(笑。 お爺様、ありがとうございました。


d0187283_21521187.jpg





d0187283_2149584.jpg


 沢山の大根様においでいただきました。
 が、見事なピンボケ写真です。




d0187283_21564432.jpg


 続いて、附馬牛への道すがら、こちらの赤いお母様へインタビューを敢行。
 晩秋の畑で何をされているのだろうと、純粋に気になりましたもので。

 曰く、収穫の終わったピーマンの皮などを燃やしていたのよ~とのこと。
 親子(嫁姑?)で作業をしている風景がステキだったため、写真を撮らせていただきました。
 お母様ありがとうございました。

d0187283_21574483.jpg


 

 と、ここでタイムアップ。
 12時を回ったため、渋々遠野に別れを告げ、一路神様の待つ盛岡へ~。
 
 
 今回の遠野旅でも、ステキな方々とお会いすることが出来ました。
 秋田も基本的にはそうなのですが、遠野の方は特に、優しい方が多いように思います。
 小生意気にカメラを構える若造にも、ほとんどの方が快く接してくれます。
 そして、本当に遠野を好きだからこそ、余所者な私にも親切に色々教えてくれるのだと、
 今回の旅ではしみじみ感じました。


 10年も通っていていまさらですが、遠野、本当にイイところだな~。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-24 22:14

遠野詣 「高清水」編



高清水展望台に着いたのは、7時を幾分回ってからのことでした。
既に太陽は昇りきっており、雲海の散ってゆく様をゆっくり鑑賞することに。

雲上を流れる時間の中で、遠野に関するいろいろなことを教えてもらいました。
絶景と、出逢いのある旅。遠野はやっぱり素晴らしいです。


それにしても、ここ高清水に来ると、いつも望遠レンズが欲しくなります。
過去の写真を回顧し、「そういやぁ望遠域ってほとんど使わないな~」と
Nikon D40のキットレンズ以来望遠を持っていなかった私。
車検さえなければ冬のボーナスで買えるのですが・・・。ん~~・・・。

毎週購入し続けているtotoも、結局当たらないまま今シーズンが終了しそうです(泣)。
波乱の結果にいつも賭けるからダメなんですよね(笑。

ジュビロいきなり2点。あぁ~今日も早くもダメっぽい・・・







d0187283_1417594.jpg

 
 romi様がブログへUPしておられましたが、
 あの鉄塔を望遠で切り取りたいわたし。
 16-85mmの標準ズームではこれが限界・・・(悔しい~~)




d0187283_14174321.jpg


 民話の郷っぽい、雲の溶け出し方。


d0187283_14175417.jpg


 来年こそは、錦秋の雲海と、青田の雲海を見に来ると心に決めた瞬間。
 我が家族にも見せたい光景です。







 高清水に別れを告げた後は、一路下界へ。
 「this is tono」を探し求め、ブ~ラブラ。
 今回の旅では、下界でもステキな出逢いが待っておりました。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-23 14:32

遠野詣with まにゅあるれんず 「早朝編」


11月20日午前2時。遠足の日の小学生のように元気に起床。
外は星空。
もし遠野も同じ天候ならば、もしかして雲海出るんかい?
そんな期待を持ちながら、出発しました。

午前2時50分。眠る角館武家屋敷を通過。当然人は皆無。
午前4時。朝霧の盛岡を通過。ここでちょいと寄り道したのが後々響く・・・。

そして午前6時過ぎ、達曽部経由で遠野入り。
既に下界も俄かにオレンジ色に染まり始めており、この時点で高清水のご来光は諦めました(悔)。

6時現在マイナス2度。
来光を諦めた私は、「凍てつく世界」を堪能。
住民の方々にとっては、「霜」は悩みの種でしょうが・・・。





d0187283_0203744.jpg


 



d0187283_0204967.jpg


 霜の降りる畑と、暖かそうな煙。なんだか熱い味噌汁が欲しくなる風景です。


d0187283_0205875.jpg


 引力と戦い、寒さと戦う。


d0187283_0216100.jpg


 霜を纏った花。

d0187283_022944.jpg


 密集することで、霜のいじめに耐えているように見えます。







今回の遠野詣のお供は、マニュアルレンズのnoktonさん。
絞り開放付近の独特の「ボケ」に魅せられ購入に至りました。
修行のようにぐるぐると、左手を駆使してピントを合わせますが、、、むむむむずい・・・。

AFの利便性を犠牲にしてでも、得られる画は素晴らしいはず。そう信じてリングを回す・・・。
いつかこの修行が実を結び、ステキな写真が撮れたら嬉しいのですが。




「凍てつく世界」を一通り満喫した後は、朝日の昇る高清水へハイキング。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-22 00:41

良き朝

昨日、遠野へ無事行ってまいりました。
現地でお会いした方々、ありがとうございました。

恒例行事(?)の高清水ハイキングを果たしてまいりましたが、
登頂が午前7時。既に諸先輩方が撮影に勤しんでおられました。



romi様と笛吹様と一緒に見下ろすトオヌップ。


d0187283_1537362.jpg






詳細は後ほどまたUP致します。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-21 15:38

2度寝の天才、無事起床なるか の巻

明日の遠野は晴れそうですね。

もともと盛岡に行く予定があった明日土曜日。
早朝の遠野は年内に是非もう一度訪問しておきたかったところ、
明日は晴れということで、もちろん行かずにはいられません。

当初、車中泊@「かぜのおか」も検討しましたが、なにせ寝づらいことと
寒いこともあり、自宅を早朝(深夜?)に経つことに。
遠野までは概ね4時間コースなため、2時には起きたいところです。
が、2度寝が心地よく感じるこの季節、起きる自信がありません・・・(笑。

果たして、私は明日無事に遠野にいるのでしょうか。
もしどなたかお会いしましたら、その節はよろしくお願い致します。
それでは行ってきます(絶対起きろよ自分)。




d0187283_21281479.jpg

[PR]
by jun_7919 | 2010-11-19 21:29

思いついたことをツラツラと・・・





年末になるとついつい口ずさむ歌があります。
ちょっと古い歌ですが、UNICORNの「雪が降る町」。
年末の慌しい中でも、確実に今年が終わっていくあのなんとも寂しい感覚が好きだったりします。


同じくUNICORNの歌にこんな歌詞が。
「僕はいつも一人きり 明日のために寝るだけ」

今週いっぱい、神様が子を連れて実家へ帰省しているため、待望の一人時間!
だったのですが、意外にやることがなく・・・。
子守しているときは、あれやりたいこれやりたいと考えていたような気がしますが、
いざ独り~~!になると、なにやら手持ち無沙汰。
まさに、明日も早いし寝るか~になってしまっているあたり、時間の使い方の下手さ
を痛感します。

そうだ、今週末の岩手旅の計画を立てればいいんだ!と思いついたときにはこんな時間。
「さ、明日のために寝るかな~」 ・・・ ・・・ ・・・
結局、行き当たりばったりな旅になりそうな予感。



d0187283_2311742.jpg


 鄙びた駅舎でぼんやり過ごすのが好きな我が一家。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-17 23:16

「ゆるスナ@公園」其の弐 の巻

本日の秋田市は超寒い。
もう少しで雪が降りそうです。
近所の公園にはまだかろうじて赤い葉が残っており、
雪とのコラボレーションを期待しておりますが、果たして・・・。

雪景色は好きなのですが、雪道が嫌いな私。
秋田と岩手の県境、「仙岩峠」は雪が降ると恐怖の道と化すため、
遠野旅が終わるまでは、雪ん子さんにはもうしばしご遠慮いただきたいところです。




先日土曜日の公園散歩より・・・。





d0187283_22151353.jpg

d0187283_22161033.jpg


 黄色の絨毯と、赤の絨毯。




d0187283_22162413.jpg


 おじいちゃんとお孫さん(?)が自転車遊び。
 ちょっとボカしすぎました。




d0187283_22164887.jpg


 鋭角に下る階段が、味わい深い。 




d0187283_22165770.jpg


 とにかく、赤い。




d0187283_2217587.jpg


 夕暮れ迫り、散歩は終了~。
[PR]
by jun_7919 | 2010-11-16 22:25